犯罪

植松聖 生い立ちや親は?獄中絵・漫画やヤクザとの関わり、事件の経緯・初公判の内容(大麻好き)など調べてみた【相模原障害者施設殺傷事件ー津久井やまゆり園】

植松聖は
2016年7月26日に
相模原障碍者施設殺傷事件を起こし

19人を殺傷
26人に重軽傷

計45名を殺傷した犯罪者です。

その初公判が
2020年1月8日 11:00頃~
行われた。
2020年3月16日には判決もでましたね。

なので、改めて、植松聖の
生い立ちや親
獄中で書いた絵・漫画
ヤクザとの関わり
事件の経緯・初公判の内容
大麻にハマっている
判決は?など
調べてみました。

プロフィール

名前            :植松聖
生年月日          :1990年1月20日
出身            :東京都日野市多摩平団地

Twitter(@tenka333)⇐凍結されてますね。

生い立ち・親

植松聖は

父親:小学校の図画工作の先生
母親:ホラー漫画家(植松麻里というようです)

の元に生まれた子供で

あわせて読みたい
植松麻里 ホラー漫画家、顔写真は?過去に猫で近所トラブル?絵本も描いてた?【植松聖の母親か?】 相模原障害者施設殺傷事件の犯人植松聖の母親がホラー漫画家である植松麻里ではないか?との話がある。そこで植松麻里にまつわる噂顔写真や過去...
" class="blog-card">
あわせて読みたい
植松麻里 ホラー漫画家、顔写真は?過去に猫で近所トラブル?絵本も描いてた?【植松聖の母親か?】 相模原障害者施設殺傷事件の犯人植松聖の母親がホラー漫画家である植松麻里ではないか?との話がある。そこで植松麻里にまつわる噂顔写真や過去...




高校までは、
特に問題のない普通の子
のようです。
津久井高等学校に通い
バスケ部で活動し、
将来は学校の先生を目指す少年だったようですね。


学校の先生を目指したのは
父親の影響でしょうか?


高校卒業後、
大学は帝京大学に通っていたようですが、
この頃から、悪い人と関わったり
整形したり、脱法ハーブや大麻
にも手を出していた
という情報もあります。


大学卒業後は、教員にはなれず、
2012年の春から清涼飲料水の運輸関係
自販機に関わる仕事をしていたようですが、
半年で辞めることになり…


2012年の冬、
事件のあった福祉施設
「津久井やまゆり園」
で働きはじめます。


2013年4月~
同施設で常勤として働いていたようですが…



入れ墨を非難する親との関係性の問題か?
母親が猫にあげていたことで近隣との関係性が悪くなった問題か?

2013年の冬に両親は別の場所へ移住。
植松聖の一人暮らしが始まった。
この後も近所からの評判は悪くなかった


しかし、
2016年2月19日にやまゆり園を自主退職。


2016年7月26日に事件を起こしています。





ちなみに、
植松聖は
「在日」じゃないか?
「韓国人」じゃないか?
という話もありますが、
根拠は見つかりませんでした。

Twitterでそういっている人はいますが…

Twitterの情報なんで
正確性に欠けますね。

大手ニュースサイトなどの
根拠のありそうな情報はないですね。

絵・漫画

植松聖さんは
大量殺人を犯した犯罪者です。

ですが、
アートという面でみると
そういう人たちの普通でない絵に
惹かれる部分を感じないこともない。


植松聖も
絵の腕前はかなりのもので、
普通に上手いです!


母親(植松麻里)が漫画家
ということもあり
美術の才能を受け継いでいるのかもですね。


そんな彼が獄中で書いた
絵・漫画
がこちら

絵としては普通に上手いですね!?


HUNTERXHUNTERの
冨樫先生の
レベルEとか
そういうのに似たものを感じます。


殺人者を許すことは
個人的には出来ないですが、
こっち方面に努力すれば、
また違った未来があったかもしれませんね。

ヤクザ

植松聖は
入れ墨をいれていたり、
脱法ハーブや大麻を使用していたり、
ヤクザとの関係も疑われているが…

本人は明らかな関わりは示唆していないですね。

植松被告は、昨年の事件を最初は10月頃敢行する予定だったが、ヤクザに狙われるかもしれないので計画を前倒ししたと供述したとされている。これも背後に黒幕組織があったのではないかなどと憶測を呼ぶ一因になっているのだが、接見の時に聞いてみると、「そういうこともあり得ると思っただけで、深い意味はありません」とのことだった。

https://ironna.jp/article/8149?p=4

ただ、
本人が言ってないだけで、
関わりがあってもおかしくはないですよね。

大麻の入手経路…
どこなんでしょうね?

事件の経緯


植松聖は
津久井やまゆり園で働き始めたころは
入居者を「かわいい」と言っていたり、
仕事にやりがい
も感じていたようですが


次第に仕事の不満を口にするようになり、
施設内でも暴力を行ったりするようになり…


2016年2月15日
事件の前には大島理森・衆院議長に
犯行文
ともとれる文章を渡しています。

この文章がきっかけとなったのか

2016年2月19日に
施設「やまゆり園」を自主退職。


危険視された植松聖は
北里大学東病院に入院させられてます。
尿からは大麻の反応が出ていたようです。


また、その時は二人の医師から診断を受けているのですが、
意見が二つに分かれていたようですね。


・「大麻精神病と自己愛性パーソナリティ障害」
・「妄想性障害と薬物性精神病性障害」


その後、
2016年の3月2日に退院。
一ヵ月も経たずに退院しています。


ここも問題になった部分ですが、
関わっていた精神科医の一人は
資格の不正取得
していたようですね。

植松聖の措置入院に関わった精神科医の1名が、精神保健指定医資格の不正取得を行っていたことが発覚しました。さらに植松を退院させる際、病院側が退位後に必要なケアや復帰プログラムを検討していなかったことが明らかとなり大バッシングを受けました。

https://business-career.jp/articles/62HMRavtkhhlV2P1F29I?page=5



事件はその後起こりました。

2016年7月26日 2:00過ぎ
知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に
警備員のいない裏口から侵入し、
東居住棟の1階の窓ガラスを割って
居住者に近寄り、用意していた
数個の刃物で凶行に及び逃亡


2:38に
職員に通報され


3:00に
津久井警察署に
出頭したようです。




ちなみに
2018年9月4日に再度
精神病の診察を受けた時は
「自己愛性パーソナリティ障害」
と診断されたようです。

思想や出版「開けられたパンドラの箱」

植松聖は
獄中で出版社「創」と懇意にしているようで、
そこでの対談や
それを元にした本「開けられたパンドラの箱」
を出版
しております。

その思想は以下に記します。

「事件を起こしたことは、今でも間違っていなかったと思います。意思疎通のとれない人間は“心失者”です。心失者は人の幸せを奪い、不幸をばら撒く存在です」

https://note.com/tbsnews/n/n46a721a68bb6

「正しいことは、誰かがやらなければならないんです。たとえ僕が死刑になったとしても、何かが伝われば有意義だと思っています」

https://note.com/tbsnews/n/n46a721a68bb6


私としては、
「他人の宗教や考えは自由だと思っているので、

どのような考えでも別にいいとは思います。

ただし、
それが他人に危害を及ばさない範囲であれば
ですが。


その点で
どんな考えを持っていようが、
植松聖を許すことはできないです。

「面会は今日で最後にさせていただきたいと思っています。正直、つらいんです。自分はどう書かれるのかビクビクしているんです。弱音を吐いちゃいましたけど、こうやってお話をすることはすごいストレスなんです。自分の考えには共感してもらえないだろうし、世の中で思われているのとは違って、私は批判されることに平気な人間ではないんです」

https://note.com/tbsnews/n/n46a721a68bb6


こういう
自分の意見をもった犯罪者は
メンタル的に強いのかな?

と思っていたのですが、

植松聖は
意外と批判されることは苦手なようですね。

なら、なんで
批判されるようなことをしたんでしょうね?

初公判 ⇒ 休廷 ⇒ 本人不在で進行

2020年1月8日 11:20(本来は11:00予定)
植松聖被告の初公判が始まった

植松聖は起訴内容を認めました

しかし、
その後、暴れたため
裁判は一時中断

植松被告は罪状認否後、口元を両手で押さえようとして刑務官に制止されたが、暴れたため一時休廷となった。

https://news.line.me/list/oa-jiji/4d056465f237/ff95243bc679?utm_source=OA_extra_oa-jiji&utm_medium=202001081215&utm_content=ff95243bc679_%E8%A2%AB%E5%91%8A%E3%81%8C%E6%9A%B4%E3%82%8C%E3%80%81%E4%B8%80%E6%99%82%E4%BC%91%E5%BB%B7%0D%0A%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E6%AE%BA%E5%82%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E5%88%9D%E5%85%AC%E5%88%A4&utm_campaign=none

様子としては

植松聖が
両手を口につっこみ
「う”う”う”う”~」と声を出し
始めたため

周りの警備員が4人がかりで取り押さえた
その間も
植松聖は唸り続けていたようです。

※小指を噛んでいたようですね…
 その翌日には実際に噛みちぎってしまったようです…


初公判を再開時には
植松聖、本人は不在のまま進んだようです。


弁護人の方からは
責任能力の有無を判断に入れて欲しいといった旨の
コメントがあったようです。


検察側は、
残虐な犯行
責任能力はある
といった点から「死刑」を求刑している。

大麻を崇拝してる?


植松聖の考えた
「多くの人が幸せになるための秩序」

7項目はあるその秩序の中の
第2項目になると

植松聖被告は
大麻の栽培や使用を認めるべきだと息巻いた。


植松聖被告は
過去に使っていた脱法ハーブでは
考える力が低下する一方で
大麻ではそれがなかったこと


海外では合法な国もあることなどを
根拠に大麻を使用すべきという論理を展開。


弁護士側は
大麻精神病により別人格となった」ことを主張するも

検察側は
「正常心理の範囲内」と責任能力があることを主張


当の植松聖被告は
「禁断症状ではない」
「責任能力はある」

と主張している。

判決は?

植松聖被告の判決は

2020年3月16日

求刑通り
死刑」となりましたね。

弁護人は責任能力の有無を論点にしていましたが、
当の植松聖自身は責任能力が有ると供述していたこと。

19人を殺害するという凶悪性
などから当然の判決ですね。

控訴?

植松聖は

死刑判決を受け入れ、
控訴はしないという話をしていました。


しかし、
2020年3月27日
弁護人の方が控訴をしましたね!?


被告と弁護人の意見がチグハグになっているのですが、
どういうことなんでしょうか?

2020年3月31日、
控訴取り下げましたね。

これによって
「死刑」ということで、
確定しましたね。

まとめ

植松聖は
〇2016年7月26日、相模原障害者施設殺傷事件を起こした犯人
〇2020年1月8日 11:00頃~初公判
〇図工教師の父、ホラー漫画家の母(植松麻里)の元に産まれた
〇獄中で独特な絵・漫画を描いている
〇ヤクザとの関わりは本人は否定している
〇大麻の常習犯
〇判決は「死刑」
ということですね。

https://u-mindmap.com/cartoonist/ueharamari-horror-picture/